news

お知らせ

  • 2021.8.26

    • 2021.8.25

      • 2021.8.24

        • 2021.8.23

          • 202.8.1

            • 2021.7.15

              • 2012.7.9

                • 2021.6.29

                  • 2021.6.21

                    • 2021.5.28

                      • 2012.5.26

                        • 2021.5.25

                          • 2022.5.20

                            • 2012.5.17

                              • 2021.5.10

                                • 2021.5.6

                                  • 2012.5.2

                                    • 2021.5.1

                                      • 2012.4.30

                                        • 2021.4.29

                                          • 2021.4.28

                                            • 2021.4.27

                                              • 2021.4.12

                                                • 2012.4.3

                                                  • 2012.3.30

                                                    • 2012.3.23

                                                      • 2021.3.22

                                                        • 2021.3.19

                                                          • 2021.3.15

                                                            • 2021.3.13

                                                              • 2021.3.10

                                                                • 2021年3月

                                                                  • 2021年2月

                                                                    “リアル・カホコ”たちの婚活実態 「過保護」の本当の問題は娘の〇〇を奪うこと
                                                                    2021/08/26
                                                                    “リアル・カホコ”たちの婚活実態 「過保護」の本当の問題は娘の〇〇を奪うこと
                                                                      ◇   ◇   ◇  
                                                                    前回の記事に引き続き、今回も水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)を婚活視点で考えてみたいと思います。
                                                                    前回は極度にアマいお母さん(以下、アマ母)に育てられた結果、アラフォーを迎えてしまった“リアル・カホコ”の問題点を考えましたが、その記事を読んだ36歳・婚活中のBさんから、こんなメールが届きました。
                                                                    「うちの母はアマ母で、私はリアル・カホコですが、それの何が悪いんでしょうか」
                                                                    同じような意見を持たれた方も多いと思うので、再びアマ母と婚活について考えてみたいと思います。
                                                                    カホコ(高畑充希)は、朝起こしてもらい、お弁当を作ってもらい、駅まで車で送り迎えしてもらっています。
                                                                    過保護と言えば過保護ですが、実家暮らしの女子大生なんて、こんなものではないでしょうか。
                                                                    初(はじめ)役の竹内涼真、カホコ役の高畑充希
                                                                    過保護の本当の問題点、それは家事ができないことよりも、娘が人間関係を築く力を奪ってしまうことなのです。
                                                                    たとえば、カホコには友達がいません。初(竹内涼真)と出会うまで恋愛をしたこともありませんでした。
                                                                    リアル・カホコたちも恋愛未経験だったり、友達がいないケースが多いです。
                                                                    友達や彼氏は無理に作る必要はないと思います。
                                                                    ですが、お母さんだけが友達という状態を長く続けていると、“他人と付き合う大原則”を知らないまま成長してしまいます。その“大原則”とはいったい何でしょうか?
                                                                    答えは、Give&Takeです。自分も与え、相手からも何かをもらう。GiveとTakeの量がだいたい同じなことが、ポイントです。
                                                                    カホコはよくお父さん(時任三郎)に「2つお願いがあります」と言っていますが、願いをかなえてもらった後に、お父さんにリターンは与えません。
                                                                    カホコはお母さん(黒木瞳)とケンカをして口も利かない冷戦状態になりますが、いつのまにか仲直りしています。
                                                                    親子ならそれでいいのですが、友達や彼氏といった他人との付き合いでは、何かしてもらったら、自分も相手にしてあげる、ケンカをしたら話し合う、ということをしなければ、関係は続きません。
                                                                    決して自分を見放さないお母さんと一緒にいるリアル・カホコたちは、「自分が相手に与える」意識が希薄です。
                                                                    その結果、周囲には「マイペースすぎる人」「図々しい人」と思われてしまう可能性があるのです。
                                                                    婚活で、女性が最初に男性にGiveするものは?
                                                                    それでは、婚活において、女性が最初に男性にGiveするものは、何だと思いますか? ドラマの中の初のセリフが、答えです。
                                                                    「オトコなんてどう告白するかより、見ためで決めるんだから」
                                                                    つまり、婚活中の女性は、見た目を男性ウケするものに変える必要があります。結婚は男性と交わす契約ですから、男性が何を求めているかを知る必要があります。
                                                                    しかし、お母さん以外の人から情報が入ってこないリアル・カホコは「男性と女性は感じ方、考え方が違う」ことが理解できず、効果的な対策を取っていないことが多いです。
                                                                    42歳で婚活中の女性Cさんも、アマ母育ちで「男女の違いがわからない」1人です。
                                                                    いつ赤ちゃんが産まれてもいいように、家をリフォームする計画を立てていますが、最近、お見合いの申し込みはありません。
                                                                    お母さんは「縁だから」と慰めてくれるので、焦る気持ちはないそうです。
                                                                    Cさんにプロフィール写真を見せてもらいましたが、ノーメイクでした。撮影の日に寝坊したからだそうです。
                                                                    プロフィール写真は、男性に「この人とお見合いしたい」と思わせる大事な判断材料ですから、“奇跡の1枚”を目指してがんばってほしいところです。
                                                                    Cさんのお母さんの言うとおり、婚活は確かに縁です。
                                                                    婚活中の女性がこれまでに経験した“縁”と言えば、就活が挙げられますが(内定のことを“ご縁”と言いますよね)、思い出してみてください。内定という縁を勝ち取るために、筆記試験や面接の対策など研究を重ねたはずです。
                                                                    婚活も同じです。積極的に考え、行動する人に“縁”はやって来るということを忘れないでほしいと思います。
                                                                    “リアル・カホコ”たちの婚活実態 「過保護」の本当の問題は娘の〇〇を奪うこと
                                                                    “リアル・カホコ”たちの婚活実態 「過保護」の本当の問題は娘の〇〇を奪うこと
                                                                    「どういう風に幸せになりたいのか、考える必要ある」
                                                                    2021/08/25
                                                                    「逃げ恥」原作者・海野つなみと水無田気流が「呪いと幸せ」テーマに対談 「どういう風に幸せになりたいのか、考える必要ある」
                                                                    昨年秋にドラマ化された漫画『逃げるは恥だが役に立つ』。
                                                                    大学院を出て派遣切りに遭った主人公・森山みくりが、会社員の津崎平匡と契約結婚し、家事をする代わりに給与をもらうという設定が話題を呼んだ。
                                                                    NPO静岡県男女共同参画センター交流会議では9月16日、「『逃げるは恥だが役に立つ』から学ぶ幸福論」と題したトークイベントを、静岡県男女共同参画センター「あざれあ」で開催した。
                                                                    原作者の海野つなみ氏と社会学者の水無田気流氏が登壇し、作品のエピソードを振り返りながら、自らの内側や世間に潜む「こうあるべき」という強い規範や、幸せについて考えた。
                                                                    「夫婦はこうあるべき」「男性はこうあるべき」が強すぎる
                                                                    水無田さんは日本社会の問題点として「男性女性といった性差が、当人の個性よりもライフコースに与える影響が大きすぎること」を挙げる。
                                                                    家事と仕事をどう夫婦で分担してするか、各家庭の事情や方針で決まるのが望ましいため、家事が好きで得意な人が進んで専業主婦(夫)になる形は、一つの選択として「あり」だという。
                                                                    しかし、家事が苦手なのに「女性だから」という理由で担わされる人は多く、「男性だから」という理由で専業主夫になるハードルは高い。
                                                                    当人の個性や適性、好き嫌いを凌駕するくらいに、「夫婦はこうあるべき」「男性はこうあるべき」といった空気が強すぎるとの水無田さんの主張には、海野さんも頷いていた。
                                                                    「家族全員がお互いに事情を理解し納得しているならいいと思うんですけれど、暗黙の内に誰かに一方的に比重がかかっていたり、しんどい思いをしているっていうのは、それはもう家庭とは関係なくおかしいことですよね。共同体の問題として、みんなで解決すべきだって思いますね」
                                                                    性別を理由に女性の家事労働負担が大きくなるのと同様、男性に家計責任の負荷がかかり過ぎている実態もある。経済事由による自殺は40~50代の男性が多い。
                                                                    海野さんは「女性に家事負担が偏重している問題を考えるときには、男性の背負っている問題もセットで考えないといけないと思います」との思いを述べる。
                                                                    「百合ちゃん」のエピソードを通して見る、女子にかけられた呪い問題
                                                                    みくりの叔母であり、独身のキャリアウーマンとして登場するキャラクター「百合ちゃん」のエピソードに触れながら、内に外に潜んでいる「呪い」についても考えた。
                                                                    彼女は風見という年下男性と親しくなるが、二人の関係について、年下の女性から「若い男の子相手に必死ですよね」との皮肉を言われる。百合ちゃんはこれに
                                                                    「自分が馬鹿にしていたものに自分がなるのは辛いわよ。『かつての自分みたいに今周りは自分を馬鹿にしている』と思いながら生きていくわけでしょ。そんな恐ろしい呪いからはさっさと逃げてしまうことね」
                                                                    と返すのだが、このやり取りには「ギャグで『私ババアだから』と発言したら、相手に『私のほうがもっと年上よ』と返されたことがあった。そこで初めて「失礼なことを言ったなとはっとした」という海野さんの経験が反映されている。
                                                                    年齢の規範に囚われることなく自分らしく年を重ねている女性のロールモデルを目にすることは少ないが、「そういう人がたくさんいるんだよって、もっと広まったらいいと思いますね」との思いを語る。
                                                                    百合ちゃんが「私みたいな人も必要でしょ。結婚しないと子どもがいないと不幸っていう強迫観念から、若い女の子を救ってあげたいな」と言いながらも涙を流し、風見に慰められるシーンも、海野さん自身の体験がベースだ。
                                                                    結婚も出産もしなかった自身の生き方を振り返り「それでも色々がんばった。誰かが、こういう生き方もいいなと思ってくれたら嬉しいなあ」と考えていた時、
                                                                    「心の中で『そんなこと言わないで』って声がして。びっくりして、どうしてそんな風に思うんだろうって考えていたら、泣けてきちゃったんですよね」
                                                                    適齢期に結婚して子供を産むべきという考えは固定的だと思う一方、心のどこかにその規範がこびりついている、という矛盾を抱える女性は少なくないようで、読者や視聴者からも共感の声が届いたという。
                                                                    組織に所属して働くだけが「仕事」ではない
                                                                    イベントでは、働き方や幸せの多様さについても話が及んだ。働く=会社への就職と考えがちだが、自分に最適な形で幸せに生きていくことを目標とすると、就職は絶対の正義なのか、という問題提起だ。海野さんは
                                                                    「直接お金は貰えなくても、自分の負担を一部肩代わりしてもらうことができて、生活が回っていくのであればそれはそれで良いんじゃないかなと。就職しなければいけないといった強迫観念に取りつかれてしまうと手も足も出ませんが、ちょっと視点を変えたら、生きていくことは出来るんじゃないか、とか思います」
                                                                    との考えを表明。大学教員でもある水無田さんは、就職活動に追い立てられていく学生を近くで見ていて「『みんなやっているから』ではなく、自分が社会の中でどういう風に生きていきたいのか、どういう風に幸せになりたいのかを考える必要はありますよね」と、常々感じている歯がゆさと共に意見を述べた。
                                                                    イベントを主催したNPOは講演会の意図を「女だから、男だから、夫婦だからこうあるべき、という固定観念の殻を破ることで、来場者がそれぞれの幸せの形を見つけるきっかけを作りたかった」と明かす。
                                                                    会場に来ていた人からは
                                                                    「今年の前半に就職活動をしていたとき、もやもやして気持ち悪さを感じていた。講演を聞いて、色んな生き方があって当たり前なんだともう一度確かめることができた」(20代・女性)
                                                                    「普通ってものが強制されなければ、色んな人が生きやすくなるのになあと思った」(20代・女性)
                                                                    などの感想が寄せられていた。
                                                                    「どういう風に幸せになりたいのか、考える必要ある」
                                                                    「どういう風に幸せになりたいのか、考える必要ある」
                                                                    日本仲人協会埼玉朝霞中央支部(株)ハッピーブライダルサイクル http://www.happybridalcircle.net/  ご存知でしょうか?
                                                                    2021/08/24
                                                                    日本仲人協会埼玉朝霞中央支部(株)ハッピーブライダルサイクル
                                                                    http://www.happybridalcircle.net/ 
                                                                    ご存知でしょうか?
                                                                    日本では3組に1組は離婚しているという事実をご存知でしょうか? 
                                                                    一生の伴侶とならず分別れています。 分かれないまでも、お互いこんなではなかったという感じで、すれ違っている夫婦は少なくありません。
                                                                    離婚となると、精神的、金銭的リスクは大きいです。それを考えると 結婚もリスクが高いです。ですから勢いで結婚、盲目な恋からの結婚は必ずしも幸せになるとは限らないわけです。
                                                                    では結婚相談所の役割はなんでしょうか?ただ成婚をお助けするためのものではありません。人生成功する結婚をお手伝いするために存在しています。
                                                                    私たちはマリッジ・アドバイザーとして、独自の分析と、経験により、あなたにふさわしい相手を探し、将来設計まで考えた上での幸せな結婚に導くお手伝いします。
                                                                    婚活中は心のケアも大切です。メンタルケア心理カウンセラーの西本が婚活中のあらゆる不安や悩みに常に寄り添い、会員のメンタルケアに努めますので安心して婚活に専念して頂けます。
                                                                    日本仲人協会
                                                                    日本仲人協会に加盟している結婚相談所は全国に1,200社 登録している結婚希望者は約10,000名 成婚実績も2013年度657組
                                                                    ~安心の成功報酬制を結婚相談業に導入~
                                                                    創立以来、3000組(2014年6月時点)の結婚を成立させてきた実績があります。 代表取締役の中西は、内閣府認証 NPO法人 全国結婚相談業教育センター理事長も務め、 結婚相談者が安心して利用できるよう業界全体の信頼性向上に努めています。
                                                                    カリスマ仲人士
                                                                    ハッピーブライダルサークル埼玉本部代表西本が、カリスマ仲人士(内閣府認証)に全国から選出されました。
                                                                    「仲人士」は、NPO法人全国結婚相談業教育センターが認定する資格で、安心と信頼の証です。
                                                                    ハッピーブライダルサークルが目指す目標と、強み
                                                                    当会埼玉本部代表 仲人士 西本は、かねてより数多くの友人、知人からなる人脈が豊富で、若い頃より事実上約20組の成婚の取り持ち、お手伝いをして参りました。
                                                                    こうしたことから数多くの夫婦の行く末を見る事となり、多くの方から寄せられる結婚についての相談にも親身になって答えてきました。その経験から成婚するための秘訣を数多く学び、「結婚」に対する確固たるポリシーを持つに至りました。
                                                                    当会が目指す目標は、唯一会員の成婚こそが全てです。
                                                                    ですからその為にのみ会員個々に対するサポートに全力を注いでおります。こうした成婚へ至る豊富なノウハウを有していることが当会の最大の強みで有ると考えます。
                                                                    当会は成婚に至るまでに生じる様々な問題にあなたと共に正面から向き合い必ず問題をクリアします。 ですから当会は老若男女一切の分け隔てを致しません。何故なら真の仲人士なら誰が相手でもやることは一つだからです。それが信頼の証と考えます。
                                                                    全国対応
                                                                    日本全国充実したネット環境の確立で、遠隔地でも近隣エリア同様、低額、定額にて手厚いサポートを受けることが可能です。
                                                                    低料金・定額制で無制限の出会い
                                                                    定額料金制度でお見合いしたい放題
                                                                    パッピーブライダルサークルでは、月額8,000円といった小遣い程度の金額で、お見合いしたい放題を実現しました。 もちろん、スタッフによる手厚いサポートも利用し放題なので、他社より確実に成婚を手に入れることができるわけです。
                                                                    コンプライアンスがしっかりしているので安心
                                                                    私達はコンプライアンスを重視しています。あなたに安心してご利用頂ますように、常に配慮しております。 個人情報は万全なセキュリティによって保護されます。 あなたの一切の情報、登録していることさえ外に漏れることは決してありません。
                                                                    身内のような手厚いサポート
                                                                    ハッピーブライダルサークルでは、身内のような丁寧で、熱いご対応を心がけています。 成婚までの間、 あらゆる角度からアドバイスをし、不安、心配事などをなくし、強力にサポートします。
                                                                    日本仲人協会埼玉朝霞中央支部(株)ハッピーブライダルサイクル
                                                                    ご存知でしょうか?
                                                                    日本では3組に1組は離婚しているという事実をご存知でしょうか? 
                                                                    一生の伴侶とならず分別れています。 分かれないまでも、お互いこんなではなかったという感じで、すれ違っている夫婦は少なくありません。
                                                                    離婚となると、精神的、金銭的リスクは大きいです。それを考えると 結婚もリスクが高いです。ですから勢いで結婚、盲目な恋からの結婚は必ずしも幸せになるとは限らないわけです。
                                                                    では結婚相談所の役割はなんでしょうか?ただ成婚をお助けするためのものではありません。人生成功する結婚をお手伝いするために存在しています。
                                                                    私たちはマリッジ・アドバイザーとして、独自の分析と、経験により、あなたにふさわしい相手を探し、将来設計まで考えた上での幸せな結婚に導くお手伝いします。
                                                                    婚活中は心のケアも大切です。メンタルケア心理カウンセラーの西本が婚活中のあらゆる不安や悩みに常に寄り添い、会員のメンタルケアに努めますので安心して婚活に専念して頂けます。
                                                                    日本仲人協会
                                                                    日本仲人協会に加盟している結婚相談所は全国に1,200社 登録している結婚希望者は約10,000名 成婚実績も2013年度657組
                                                                    ~安心の成功報酬制を結婚相談業に導入~
                                                                    創立以来、3000組(2014年6月時点)の結婚を成立させてきた実績があります。 代表取締役の中西は、内閣府認証 NPO法人 全国結婚相談業教育センター理事長も務め、 結婚相談者が安心して利用できるよう業界全体の信頼性向上に努めています。
                                                                    カリスマ仲人士
                                                                    ハッピーブライダルサークル埼玉本部代表西本が、カリスマ仲人士(内閣府認証)に全国から選出されました。
                                                                    「仲人士」は、NPO法人全国結婚相談業教育センターが認定する資格で、安心と信頼の証です。
                                                                    ハッピーブライダルサークルが目指す目標と、強み
                                                                    当会埼玉本部代表 仲人士 西本は、かねてより数多くの友人、知人からなる人脈が豊富で、若い頃より事実上約20組の成婚の取り持ち、お手伝いをして参りました。
                                                                    こうしたことから数多くの夫婦の行く末を見る事となり、多くの方から寄せられる結婚についての相談にも親身になって答えてきました。その経験から成婚するための秘訣を数多く学び、「結婚」に対する確固たるポリシーを持つに至りました。
                                                                    当会が目指す目標は、唯一会員の成婚こそが全てです。
                                                                    ですからその為にのみ会員個々に対するサポートに全力を注いでおります。こうした成婚へ至る豊富なノウハウを有していることが当会の最大の強みで有ると考えます。
                                                                    当会は成婚に至るまでに生じる様々な問題にあなたと共に正面から向き合い必ず問題をクリアします。 ですから当会は老若男女一切の分け隔てを致しません。何故なら真の仲人士なら誰が相手でもやることは一つだからです。それが信頼の証と考えます。
                                                                    全国対応
                                                                    日本全国充実したネット環境の確立で、遠隔地でも近隣エリア同様、低額、定額にて手厚いサポートを受けることが可能です。
                                                                    低料金・定額制で無制限の出会い
                                                                    定額料金制度でお見合いしたい放題
                                                                    パッピーブライダルサークルでは、月額8,000円といった小遣い程度の金額で、お見合いしたい放題を実現しました。 もちろん、スタッフによる手厚いサポートも利用し放題なので、他社より確実に成婚を手に入れることができるわけです。
                                                                    コンプライアンスがしっかりしているので安心
                                                                    私達はコンプライアンスを重視しています。あなたに安心してご利用頂ますように、常に配慮しております。 個人情報は万全なセキュリティによって保護されます。 あなたの一切の情報、登録していることさえ外に漏れることは決してありません。
                                                                    身内のような手厚いサポート
                                                                    ハッピーブライダルサークルでは、身内のような丁寧で、熱いご対応を心がけています。 成婚までの間、 あらゆる角度からアドバイスをし、不安、心配事などをなくし、強力にサポートします。
                                                                    日本仲人協会埼玉朝霞中央支部(株)ハッピーブライダルサイクル
                                                                    ご存知でしょうか?
                                                                    日本では3組に1組は離婚しているという事実をご存知でしょうか? 
                                                                    一生の伴侶とならず分別れています。 分かれないまでも、お互いこんなではなかったという感じで、すれ違っている夫婦は少なくありません。
                                                                    離婚となると、精神的、金銭的リスクは大きいです。それを考えると 結婚もリスクが高いです。ですから勢いで結婚、盲目な恋からの結婚は必ずしも幸せになるとは限らないわけです。
                                                                    では結婚相談所の役割はなんでしょうか?ただ成婚をお助けするためのものではありません。人生成功する結婚をお手伝いするために存在しています。
                                                                    私たちはマリッジ・アドバイザーとして、独自の分析と、経験により、あなたにふさわしい相手を探し、将来設計まで考えた上での幸せな結婚に導くお手伝いします。
                                                                    婚活中は心のケアも大切です。メンタルケア心理カウンセラーの西本が婚活中のあらゆる不安や悩みに常に寄り添い、会員のメンタルケアに努めますので安心して婚活に専念して頂けます。
                                                                    日本仲人協会
                                                                    日本仲人協会に加盟している結婚相談所は全国に1,200社 登録している結婚希望者は約10,000名 成婚実績も2013年度657組
                                                                    ~安心の成功報酬制を結婚相談業に導入~
                                                                    創立以来、3000組(2014年6月時点)の結婚を成立させてきた実績があります。 代表取締役の中西は、内閣府認証 NPO法人 全国結婚相談業教育センター理事長も務め、 結婚相談者が安心して利用できるよう業界全体の信頼性向上に努めています。
                                                                    カリスマ仲人士
                                                                    ハッピーブライダルサークル埼玉本部代表西本が、カリスマ仲人士(内閣府認証)に全国から選出されました。
                                                                    「仲人士」は、NPO法人全国結婚相談業教育センターが認定する資格で、安心と信頼の証です。
                                                                    ハッピーブライダルサークルが目指す目標と、強み
                                                                    当会埼玉本部代表 仲人士 西本は、かねてより数多くの友人、知人からなる人脈が豊富で、若い頃より事実上約20組の成婚の取り持ち、お手伝いをして参りました。
                                                                    こうしたことから数多くの夫婦の行く末を見る事となり、多くの方から寄せられる結婚についての相談にも親身になって答えてきました。その経験から成婚するための秘訣を数多く学び、「結婚」に対する確固たるポリシーを持つに至りました。
                                                                    当会が目指す目標は、唯一会員の成婚こそが全てです。
                                                                    ですからその為にのみ会員個々に対するサポートに全力を注いでおります。こうした成婚へ至る豊富なノウハウを有していることが当会の最大の強みで有ると考えます。
                                                                    当会は成婚に至るまでに生じる様々な問題にあなたと共に正面から向き合い必ず問題をクリアします。 ですから当会は老若男女一切の分け隔てを致しません。何故なら真の仲人士なら誰が相手でもやることは一つだからです。それが信頼の証と考えます。
                                                                    全国対応
                                                                    日本全国充実したネット環境の確立で、遠隔地でも近隣エリア同様、低額、定額にて手厚いサポートを受けることが可能です。
                                                                    低料金・定額制で無制限の出会い
                                                                    定額料金制度でお見合いしたい放題
                                                                    パッピーブライダルサークルでは、月額8,000円といった小遣い程度の金額で、お見合いしたい放題を実現しました。 もちろん、スタッフによる手厚いサポートも利用し放題なので、他社より確実に成婚を手に入れることができるわけです。
                                                                    コンプライアンスがしっかりしているので安心
                                                                    私達はコンプライアンスを重視しています。あなたに安心してご利用頂ますように、常に配慮しております。 個人情報は万全なセキュリティによって保護されます。 あなたの一切の情報、登録していることさえ外に漏れることは決してありません。
                                                                    身内のような手厚いサポート
                                                                    ハッピーブライダルサークルでは、身内のような丁寧で、熱いご対応を心がけています。 成婚までの間、 あらゆる角度からアドバイスをし、不安、心配事などをなくし、強力にサポートします。
                                                                    日本仲人協会埼玉朝霞中央支部(株)ハッピーブライダルサイクル http://www.happybridalcircle.net/  ご存知でしょうか?
                                                                    日本仲人協会埼玉朝霞中央支部(株)ハッピーブライダルサイクル http://www.happybridalcircle.net/  ご存知でしょうか?
                                                                    お見合い式婚活豆知識。第1回目は「お見合い写真について」です。
                                                                    2021/08/23
                                                                    お見合い式婚活豆知識。第1回目は「お見合い写真について」です。
                                                                    お見合いするための必須アイテムは、何と言ってもお見合い写真です。
                                                                    男性は女性のプロフィールの何処を見ているかと言えば、ズバリ写真です。女性も男性ほどでは無いにせよ、同じ条件で有れば写真写りの良い方が、そうでない男性の写真よりは、選ばれる可能性は断然高くなります。
                                                                    婚活中の皆さんの中には、「写真写りが良いからと言って、実際有ったときに、写真と違うなって思われたく無いなー。」と保身に走ってしまう方いらっしゃいませんか?
                                                                    まずはプロフィール写真で会ってみたいと思われないと、まず会うことが出来ません。会うことが無い限り、決して交際、結婚には至りません。結婚の確立0%です。
                                                                    もう一つのパターンんは、会うことは出来たけれど、思っていた見た目と違っていて、交際、結婚に至らないケース。でもこの場合は、思っていた見た目では無かったけれど、会って話してみたら、話が弾んだ、フィーリングが合った、ということで交際、結婚に至るというケースが多いのです。
                                                                    ですからやはり良いプロフィール写真が、とても重要なのです。そんなとき有効なのは、お見合い写真館です。写真館のスタジオで撮影して貰うメリットは、1.豊富な撮影機材。2、プロのメーキング。3.ポージングの指導。4.プロのカメラマンの技術。が上げられます。友達に写真を撮って貰って、後で自分で確認すると、姿勢がメッチャ悪かったことに気づかれたりする方も多いでしょう。スタジオ写真館では、見違えるような写真を撮ってくれます。モデルになった気分で、写真を撮って貰えば良いのです。
                                                                    当ハッピーブライダルサークルでは、所属している日本仲人協会が提携している複数の写真館で、大変リーズナブルな会員価格で撮影して貰うことが可能です。
                                                                    中々お見合いの申し込みが来ない、申し込んでも受諾されないとお悩みの方。是非スタジオ写真を利用してみて下さい。大いにお見合い、交際、結婚の可能性が広がると思いますよ。
                                                                    皆様のご成婚、心よりお祈り致します。
                                                                    お見合い式婚活豆知識。第1回目は「お見合い写真について」です。
                                                                    お見合い式婚活豆知識。第1回目は「お見合い写真について」です。
                                                                    近年、女性の社会進出と日本人の価値観の変化に伴い、晩婚傾向が顕著に数字として表れています。
                                                                    2021/08/02
                                                                    近年、女性の社会進出と日本人の価値観の変化に伴い、晩婚傾向が顕著に数字として表れています。
                                                                    また、結婚に対する考え方も多様化しています。パートナーはいるが結婚をしない「事実婚」という形を選ばれる方も多くなりました。
                                                                    いつの時代も人は自分ひとりだけでは生きていかれません。家族・親族・社会と関わっていない人はいませんし、関わりが多い人ほど豊かな人生を過ごしています。
                                                                    若いうちは「誰にも頼らずに生きていける」という根拠のない自信を持つ人も年とともに“支えあい”や“助け合い”という言葉の意味を実感してきます。
                                                                    情報が氾濫する情報社会でありながら、異性との「出会い」は簡単なことではありません。
                                                                    いま最も活動的で経験豊富な中高年の皆様にとっても例外ではありません。学生時代や会社に入社した当時であれば、出会いもあるでしょう。しかし、会社での在籍年月が長くなってしまうと職場の人間関係は硬直化してしまいます。もし、すでにリタイアされているなら、その場ですら見つけることは容易ではありません。
                                                                    ハッピーブライダルサークルが所属している日本仲人協会には、真剣に成婚を求めている中高年の方が数多く在籍しています。当会のパートナー選びは「お見合い」という、極めて古典的ながらも、とても分かりやすいプロフィールを基に、自らの条件に合ったお相手を探せるという大きなメリットが有ります。お見合いは何回しても自由ですし、費用は一切かかりません。ですから本当に相性の合うお相手を探し出すことが可能です。
                                                                    しかし、ご自身が活動的にならなければなかなかパートナーになることや、ご成婚までいたりません。諸条件は皆様それぞれございます。カウンセラーのアドバイスを有効にご活用いただき、よい伴侶にめぐりあわれる事を期待しています。
                                                                    近年、女性の社会進出と日本人の価値観の変化に伴い、晩婚傾向が顕著に数字として表れています。
                                                                    近年、女性の社会進出と日本人の価値観の変化に伴い、晩婚傾向が顕著に数字として表れています。
                                                                    中高年にお勧めの結婚相談所
                                                                    2021/07/15
                                                                    中高年にお勧めの結婚相談所
                                                                    ここ何年も続いている婚活ブーム。それは、若い方達だけの話ではありません。中高年だって真剣に婚活したい、潜在的にそう思っている方が非常に多いのです。出会いがないと嘆いているシニア層。結婚に照準を当てた婚活を真剣に考えているならば、結婚相談所がおすすめです。
                                                                    シニア層が結婚相談所に入会するメリットは
                                                                    ①真剣に結婚を考えている中高年同士が出会う事です。当会にはひやかしや軽い気持ちで入会してくる中高年などは一切いません。特にシニアだと残りの人生の長さを考えてしまい、早く素敵な異性と出逢いたい、心からそう思っている方が真剣な思いで入会して来ます。出会いから結婚までの展開が早く、成婚に繋がりやすいというデータがあります。
                                                                    ②条件を絞ってお相手を探せます。中高年にとって条件は特に大切。「子供と住居の近い方が良い」「親の介護をサポートしてくれる方が良い」など、様々な事情を抱えている方も少なくありません。条件をある程度絞ることで出会いに無駄な時間を掛けずに済みますし、効率的にお相手を探すことが可能です。
                                                                    当会仲人士から、出会いの場の提供からお付き合い、最終的には結婚の同意まで親身のサポートが受けられます。中高年特有の悩みなどにもアドバイス致します。
                                                                    中高年にお勧めの結婚相談所
                                                                    中高年にお勧めの結婚相談所
                                                                    早い結婚と遅い結婚はどちらがトク?
                                                                    2021/07/09
                                                                    早い結婚と遅い結婚はどちらがトク?
                                                                    結婚をいつするかは、いろいろな縁やタイミングもありますので誰かが一概に決められるものではありません。
                                                                    今は結婚するつもりがない人でも、一年も時間があればどう変わるかは分かりません。
                                                                    交際がスタートしてあっという間にゴールインということもよくあります。
                                                                    逆に「あの2人はもうすぐゴールかな」と思っていると、いつまでたっても結婚しなかったりします。
                                                                    こういうことは本当によくあることです(実際、私の周囲にも両方のケースがあります)。
                                                                    しかし、早い結婚と遅い結婚ならどちらがトクか教えてあげる、と言われれば、それはそれでちょっと気になるのではないでしょうか。
                                                                    今回は「早い結婚」「遅い結婚」それぞれのマネープランの違いについて考えてみたいと思います。
                                                                    最近では初婚年齢はバラエティに富むようになっています。
                                                                    また、単に結婚年齢が遅くなっているだけでなく、同じ年齢の親であっても、25歳で結婚して子どもができる人あれば、40歳で結婚して子どもができる人もいるようになってきています。仮に両方のケースを比較すれば、父親は同学年でも、子どもの年齢は15歳差ということになります。
                                                                    子どもにかかるお金というのは親の年齢にはあまり関係がなく、子ども自身の年齢(特に高校・大学の通学時期)に大きく依存します。つまり、親の年齢(厳密には親の年収)と子どもの年齢のバランスが、マネープランにも大きな違いが出ることになります。
                                                                    そこで「早い結婚」「遅い結婚」のマネープランを少し考えてみましょう。
                                                                    (目次)
                                                                    →早婚派の損得は? 最初は苦しく後がラクラク?
                                                                    →晩婚派の損得は? 最初はラクで後がしんどい?
                                                                    →まとめ 晩婚派の対策はある?
                                                                    早婚派の損得 最初は苦しく後がラクラク?
                                                                    早めに結婚をして、若いうちに子宝にも恵まれたようなケースをまず考えてみます。
                                                                    具体的には30歳くらいまでに結婚し、子どもも生まれたようなイメージです。今どきのイメージとしてはやや早い印象でしょう。
                                                                    この場合の一般論としていえば、子育ての前半戦(小学校卒業まで)が20~30歳代で、子育ての後半戦(中学から大学卒業まで)が40歳から50歳代前半というイメージになります。
                                                                    若いうちにはまだ年収もあまり高くないことが多いと思いますので、子育ての前半戦ではお金の面では苦労することが多いと思います。
                                                                    家賃や住宅ローンなどをやりくりしながら、子どものための出費もこなしていくので、少しガマンもしながら家計をやりくりしていくことになるかもしれません。
                                                                    一方で、子育ての後半戦においては、ある程度年収も高くなることが期待できるので、学費のやりくりなどにおいてはなんとかなると思われます(ただし油断は禁物です)。
                                                                    また、子どもの卒業が現役時代のうちにやってくるのが早婚派の大きなメリットです。晩婚派の場合、60歳以降も学費負担が来る可能性がありますが、早婚派の場合はそうならずにすむ人のほうが多いことでしょう。
                                                                    定年退職後に学費を払うのはなかなか大変になりますが、早婚派は気にしなくても良く、大きなメリットです。
                                                                    さらに、子どもが卒業した後、定年を迎えるまでの期間、集中して貯金ができれば、老後の資金準備もばっちりできます。
                                                                    仮に30歳で最後の子どもが生まれたとすれば、52歳で大学を卒業(順調にいけば)になりますから、8年間老後のために貯金する余裕が生まれます。
                                                                    学費と同じくらいの金額をそのまま貯金できれば老後に困ることはほとんどないでしょう。
                                                                    早婚派の損得をひとことでいえば「最初しんどいが、後々ラク」という感じでしょうか。
                                                                    →それでは、晩婚派について次は見てみましょう
                                                                    晩婚派の損得 最初はラクで後がしんどい?
                                                                    今度は、遅めの結婚をして遅めに子どもが生まれた場合を考えてみます。イメージとしては30歳以降に結婚、子どもが生まれるのが30歳代後半から40歳代というイメージです。
                                                                    最近では結構ありそうですね。
                                                                    この場合、一般論としていえば、「最初が比較的ラクだが、後々しんどい」というのが言えそうです。
                                                                    というのは、ある程度経済的基盤ができ、仕事も形になりつつある年頃に結婚をし、子どもを作ることになりますので、子どもにかかる出費にもそれなりに耐えられますし、むしろちょっといいものも買い与えられたりすると思います。
                                                                    しかし、コトはそううまく続きません。おそらく子育ての後半戦(子どもが中学~大学へ進む期間)では苦労することになるでしょう。
                                                                    実は子育てで一番お金がかかるのは、高校と大学の7年間だと思うのですが、このとき、親の年齢は50歳代もしくは60歳を過ぎることもあるからです。
                                                                    仮に35歳で子どもが生まれたとしたら高校から大学にかかる期間はおおむね、50~57歳ということになります。
                                                                    もし40歳で子どもが生まれたとすれば、55~62歳ということになります。
                                                                    まず厳しさを増している条件としてあげられるのは、50歳代が必ずしも年収が高いとは限らなくなっていることです。
                                                                    かつてであれば、定年前が年収も一番高くなる傾向が強かったので、あまり気にする必要はなかったのですが、今は能力に従って年収が上下動することが増えています。
                                                                    役職なども能力がありエネルギーもある者に与えられる傾向は強まっており、50歳代は年収のピークを過ぎてむしろ下がっている可能性がありますが、そこで学費はどんと重くのしかかってくるおそれがあるわけです。
                                                                    また、さらに厳しいのは60歳までに子どもが大学を卒業しない場合です。
                                                                    今のところ一般的な定年年齢は60歳のままで、定年時期が引き上げられる傾向はまだ強くありません。65歳まで再雇用してもらい働き続ける権利は認められていますが、この場合は年収がガクンと下がるのが一般的です。
                                                                    国の年金も65歳までもらえないわけですから、60歳以降については子どもの学費どころではない、という可能性があるわけです。
                                                                    しかも、40~50歳代は学費の出費が厳しいのであれば、老後のためにお金を準備するどころではありません。
                                                                    おそらく老後のことを考えお金を貯めようと自覚するのは40歳代以降だと思いますが、貯めようにも貯められない可能性があるわけです。そうなると老後はかなりしんどくなるおそれがあります。
                                                                    まとめ  晩婚派の対策はある?
                                                                    早婚派と晩婚派のマネープランについて考えてみましたが、特に意識したいのは今増えている晩婚派です。
                                                                    特に、晩婚派については結婚初期(できれば結婚前から)のうちから、お金を計画的に貯めることを意識する必要がありそうです。
                                                                    子どもがまだ生まれていないか小さいうちから、まず学費については貯めておきたいものです。高校と大学で合計1000万円くらいは覚悟する必要がありますが、その半分でも中学までに貯めておければ学費の負担はぐっとラクになります。
                                                                    もし60歳以降も学費負担が生じることが明らかなのであれば、その分は現役時代に確保しておきたいものです。退職金を学費に回すようなことはできるだけ避けたほうがいいでしょう(退職金はやはり自分たちの老後に回したい)。
                                                                    また、老後資金準備については、計画的に早め早めから考えておきたいところです。
                                                                    できれば虎の子の口座を作って、学費にも住宅購入資金にも回さず、自分たちの老後のためだけに貯め続ける枠を用意しておくといいでしょう。
                                                                    スタートはできるだけ早く、30歳代には動きたいものです。
                                                                    仮に年間12万円でもいいので、35歳から貯めることができ、年3%ほど運用益が上がれば446万円の老後資産準備になります。これならなんとか老後の柱が一つ作れるのではないでしょうか。
                                                                       ■    ■
                                                                     まとめてみると「最初はラク」で「あとあと大変」な晩婚派が計画的準備が必要という答えになりました。
                                                                    団塊ジュニア層など今これから結婚を控えている人には「晩婚派」に入る人が多いのではないでしょうか。
                                                                    何か参考になればと思います。
                                                                    早い結婚と遅い結婚はどちらがトク?
                                                                    早い結婚と遅い結婚はどちらがトク?
                                                                    オタクは浮気をしないので結婚に向いている?
                                                                    2021/06/29
                                                                    オタクは浮気をしないので結婚に向いている?
                                                                    オタクと腐女子専門の結婚相談所が強力バックアッップ。
                                                                    「オタクは浮気をしないので結婚に向いている」 オタクと腐女子専門の結婚相談所が強力バックアップ
                                                                    オタクの男女をマッチングする婚活サービスが次々と登場する中、腐女子とオタク専門の結婚相談所「HappyMaker!」が6月から「ツーマンセル制」を導入する。会員1人につき、男女1人づつ計2人のコンサルタントが担当につくという。
                                                                    同相談所の横井睦智代表によると、これまで横井代表自身が1人でコンサルタントを務めていた。しかし「婚活をしていく上では、異性と同性両方の相談相手が必要だ」と話す。
                                                                    「結婚したいけれどやり方がわからないオタクが多い」
                                                                    「女性の会員様の場合、交際相手の男性の気持ちがわからないということがあります。そういうときは男性のコンサルタントに相談してもらえればと思います。逆にメイク法や体のこと、性に関することは女性のコンサルタントの方が相談しやすいのではないでしょうか。男性の会員の場合は逆に、女性の気持ちについては女性に、性のことについては男性に相談してもらえればいいと思います」
                                                                    すでに半年ほど実験運用しているが「(内容によって相手を)分けて相談できるところがうれしい」「他社でも活動していますが、ここは隠さずなんでも相談できる」と会員からは高評価だという。
                                                                    同相談所は、2014年に設立された日本で初めてのオタク専門の結婚相談所。設きっかけは、横井代表自身がオタクだったことだ。
                                                                    「僕自身も『アニオタ』なんです。最近だと『ラブライブ!』や『まどマギ』が好きです。あるときアニメのオフ会に行ったときのことです。
                                                                    僕自身は結婚しているので結婚指輪を付けていたのですが、オフ会に参加していた人たちから『結婚しているんですか?』『オタクって結婚できるんですか?』と聞かれました。
                                                                    話を聞いていくうちに、結婚したいけれどやり方がわからないオタクが多いのだと気づきました。その時すでに結婚相談所を運営していたのですが、思い切ってオタク専門にしました」
                                                                    「オタクは高学歴で安定した職に就いている人が多い」
                                                                    2014年に「HappyMaker!」を創設して以来、50組弱が成婚しているという。
                                                                    同相談所の会員は現在100人強で女性が6割。年齢層は26~35歳が中心だ。オタクは「恋愛は苦手だが、結婚には向いている」という。
                                                                    「オタクは男女ともに、高学歴で安定職の人が多いです。男性だと一部上場企業の研究員や大手製造メーカーに勤務している人います。女性でもキャリアウーマンやシステムエンジニアの方が多いです。、またオタクにはものしずかで手が掛からない人が多いです。オタクなら浮気もしません。」
                                                                    オタクは浮気をしないので結婚に向いている?
                                                                    オタクは浮気をしないので結婚に向いている?
                                                                    婚活疲れしやすいシーズン
                                                                    2021/06/21
                                                                    G.W明けのこの時期は、初婚の方は旅行へ出かけたり、お子さん家族と賑やかに過ごしたり、G.W気分が抜けずに、またいつもの日常に戻り、どうしてもお疲れ気味になります。実は、もうじき来る憂鬱な梅雨シーズンにかけての5月6月は、婚活中の50代・60代の中高年・熟年シニア世代方のが、婚活疲れしやすいシーズンです。
                                                                    特に年明けに「今年こそ結婚(再婚)したい!」と結婚相談所へ入会した方は、半年弱の婚活で成果が得られない場合、不安にもなりますし、自信をなくしがちです。
                                                                    もちろん、未来の結婚相手候補とお見合いをするわけですので、緊張感ももありますし、疲れてしまうのは正常な反応と言えます。
                                                                    でも、できるだけ婚活疲れしないために、どのように婚活を進めていけばいいかを今日はお話したいと思います。
                                                                    婚活疲れしないために①一つ一つのお見合いを重く考えすぎない
                                                                    婚活疲れしやすいタイプの特徴として、お見合い前に、事前情報を細かく知りたがる方が挙げられます。東京都と書いてあるけれど、何区在住?」「65歳の定年後は再雇用はあるのか?」「子供は再婚に賛成か?」などなど、プローフィールに書かれていない個人情報を詮索したり、実際にお見合いをしてフィーリングが合わないと、余計にがっかりしてしまいます。一つ一つのお見合いを、真剣に重きを置いて考えているからこその言動ではありますが、お相手を減点方式で見てしまいがちな婚活をしてしまっている方に多いです。
                                                                    婚活疲れしないために②担当婚活アドバイザーにおまかせしてみる
                                                                    ご自分が選んだお見合い相手が、イメージと違いがっかりしてしまった時や、ご自分が気に入ったお見合いお相手にお断りされてしまった時の精神的なダメージが婚活疲れに繋がります。
                                                                    そんな時は、担当婚活アドバイザーにおまかせしてお相手選びを代わりにしてもらうこともお勧めです。ご自分で選んでいないからこそ、期待しないでお見合いに出向くことができて、自然体でできたお見合いから素敵なご縁が・・・ということもあります。
                                                                    特に、50代・60代の中高年・熟年シニア世代の婚活は、アドバイザー独自のお相手選びの目線も大いに役立つはずです。有効に活用していただきたいです。
                                                                    婚活疲れしないために③出会いを楽しむ!
                                                                    結婚相談所へ入会当初は、「これからわくわくしてきました!」というお言葉をいただくことも多いです。いくつになっても新しい出会いを楽しんで、お見合い相手に接することができているうちは、婚活疲れはしません。ですが婚活に慣れてきてしまうと、新鮮な気持ちでお見合いに臨めなくなってしまいます。交わす言葉や結婚相手として見るポイントなどがご自身の中でお見合いがパターン化されて、流れ作業のように感じてしまい、婚活疲れしやすいです。結婚相談所入会当初の気持ちを思い出して、リセットすることも大切です。
                                                                    まとめ:婚活疲れしないために
                                                                    私が「真面目すぎる人ほど、婚活は挫けやすく、結婚相談所も途中退会しやすい」と考えるのは、リラックスして楽しむ、ということを忘れてしまっている方が多いと感じるからです。ですが、多少の婚活疲れも成婚のプロセスだということを頭にいれておきましょう。
                                                                    もう婚活する気力もうせてしまうほどの婚活疲れにならないために、上手に感情とお付き合いして婚活を頑張っていきましょう。続けていくことが大切です。
                                                                    結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。当会の仲人士、メンタルケア心理カウンセラーがご相談を承ります。
                                                                    最後までお読みくださり、ありがとうございます。
                                                                    婚活疲れしやすいシーズン
                                                                    婚活疲れしやすいシーズン
                                                                    結婚相談所に良い出会いが有ります。
                                                                    2021/05/28
                                                                    結婚相談所にはみんなが思っている以上の良い出会いがあると思います。
                                                                    シニアの方でまず結婚相談所で出会った方の感想で一番多いのは、良くも悪くもいろんな人がいるもんだな~と思ったということです。
                                                                    交際につながらなくても、本当に気遣いもスマートで、博学、話しを聞くだけで勉強になる方もいれば、会った瞬間から愛想が悪く、一目で「私のことタイプじゃないんだな」とわかる態度をしてくる人。
                                                                    自分がどんなに素晴らしいバックグラウンドを持ち、これだけ仕事で成功していてと私に何の質問せず、自分の話だけして満足している人。
                                                                    条件的なことばかり話して、ほんとに私に興味があるのか疑問だった人などなど。
                                                                    そんな風にあまり気持ちのいいお見合いでなかったときは、反面教師にして自分も気をつけるようにしてみましょう。
                                                                    やっぱりアドバイスというほどではないんですが、「どんな相手ともお見合いの時間を楽しむ」ということは大切だと思います。
                                                                    そうやって自分を盛り上げていかないと気持ちも続きませんしね。
                                                                    年齢的には難しいと世間では思われる50から60代の方でも良いご縁に巡りあうことができる事は多々有ります。結婚相談所にはみんなが思っている以上の良い出会いがあると思います。
                                                                    結婚相談所に良い出会いが有ります。
                                                                    結婚相談所に良い出会いが有ります。
                                                                    中高年の女性でもいい出会いがある?
                                                                    2021/05/26
                                                                    中高年の女性でもいい出会いがある?
                                                                    20代や30代と異なり、50代後半になると、女性もいろいろと考えます。
                                                                    「この年齢で婚活を始めても大丈夫?」「そもそもこの歳で結婚したい人がいるの?」という具合です。20代のようなテンションで婚活をしようとすると無理がありますが、50代だからこそ落ち着きや洗礼された美しさがある女性が多いです。そして同じように、50代で婚活を始める男性も多いので、年相応で同じ価値観を持った出会いがあります。その男性との出会いが実現すれば、再婚できるチャンスは多いにあるのです。
                                                                    50代女性の上手な出会い方
                                                                    女性は若ければ良いわけではありません。川島なお美さんは、女性の年齢について「女性の年齢の単位は才ではなくカラットです」という名言を残しています。この名言通り、美しさと教養を兼ね揃えた女性は、大変魅力的です。一緒にいると居心地の良さを感じ、豊かな結婚生活が想像できます。
                                                                    結婚相談所であれば、身元の保証された出会いによって、より確かな婚活ができるでしょう。婚活パーティーのように大勢の女性と競い合うのではなく、1対1のお見合いによる出会いによって、気になる男性とゆっくりとした時間が過ごせます。
                                                                    お見合いでフィーリングの合う出会いがあれば、結婚までもうすぐです。穏やかで、教養のある50代の女性こそ婚活は、結婚相談所によるお見合いが向いているのです。
                                                                    中高年の女性でもいい出会いがある?
                                                                    中高年の女性でもいい出会いがある?
                                                                    押しの強い男性がダメなわけ
                                                                    2021/05/25
                                                                    押しの強い男性がダメなわけ
                                                                    結婚の決め手は?なんていう質問に、男性が「押して押して押しまくって結婚しました。」
                                                                    女性が「彼の押しに負けて」なんて幸せそうに話す夫婦がいます。男性の強い押しに、女性がだんだんとその気になり、気がついたら相思相愛になっていた。理想的な形かもしれません。
                                                                    ただ、この押して押して押しまくるという形は結婚相談所では少し難しいんですね。この一押し、二押し、三に押しという作戦が通用するのは、女性にデート以外でも会える関係に限るんですね。仕事や職場が同じだったり、趣味やサークルが同じだったり、ご近所だったり、共通の知り合いがいたりする場合は、デートに限らず会う事が可能です。他にも、女性が接客業だったりする場合等も会いに行けますね。会えれば押せます。
                                                                    結婚相談所では通用しない
                                                                    しかし、結婚相談所の出会いの場合元々まっかな他人、デート以外で会う必然性がないんです。会えなきゃ押せないんですよね。例えばライオンが男性で、女性がインパラだとします。ライオンがインパラをしとめる事が、男性と女性が相思相愛になる事だと仮定します。ライオンは、インパラを狩るためにそ~っとインパラに近づきます。インパラに気づかれないようにそっとそっと近づきそして、一気に飛びかかりしとめます。
                                                                    これが、結婚相談所で男性が女性と相思相愛になる一番多い形です。
                                                                    男性は、女性と十分に距離を詰めてから押すんですね。それまでは、ラインやメールや電話のやり取りでは、決して深追いしない。自分を出すよりも、相手に合わせる。強引よりも柔軟に徹する。そうして、女性側が心を開いてくれた。距離が詰まった。と認識できてから押し始める訳です。まずは、会うまでの警戒心を解く、距離を十分に詰めるという部分に注力です。
                                                                    距離が詰まれば女性も、来週空けてよ。夜電話するから家にいてね。今度〇〇に付き合ってよ。週末少しでいいから会えない?等と男性が気持ちを押してくることを許すようになります。これを、距離が詰まっていない状態ですれば女性は逃げていきます。遠くから吠えながら近づいてくるライオンがいれば、インパラは逃げます。
                                                                    強引な押しは無駄
                                                                    結婚相談所での出会いの場合、男性はある程度距離が詰まるまでは、無理に押してはいけません。無理に押したら、デートに来てくれなくなるんです。紳士的に、柔軟に、丁寧に接し、十分に距離を詰めてから押すんです。
                                                                    それが、結婚相談所で効果的な押しだと知って下さい。
                                                                    押しの強い男性がダメなわけ
                                                                    押しの強い男性がダメなわけ
                                                                    婚活アプリって実際のところどうなの?
                                                                    2021/05/20
                                                                    婚活アプリって実際のところどうなの? 女性ユーザーからは「男性の8割は変な人、2割はいい人」という声も
                                                                    「結婚したいのに出会いがない」という人は、婚活サイトの利用を考えたことがあるだろう。しかしネットを介しての出会いは危険なイメージが付きまとう。先日のガールズちゃんねるには、婚活サイト・婚活アプリを利用している人へ体験を聞くトピックが立っていた。トピ主は婚活中のアラサー女性。これまで婚活パーティーや街コンに参加してみたがうまくいかず、婚活サイトの利用を検討中だという。
                                                                    「(略)色んな噂を聞くのでどのサイトを利用したらいいか悩みます。利用してる方の率直な意見を聞きたいです」という呼びかけに、多くの女性が様々な体験談を寄せていた。「みなさん書ききれないくらい癖のある方ばかりで…」
                                                                    まず次々に入ったコメントは、「使わない方が良いよ クズ男しかいないから」などと警告する声だった。経験者からは、こんな苦い思い出も書き込まれている。
                                                                    「やりとりした男性に顔写真公開したら連絡くれなくなったり、性癖を聞いてくる男性がいたり、全然うまくいかなかったのでお金が発生する前に退会しました」
                                                                    「50代でも『子供欲しいです』とかぬかしてる人がたくさんいて年齢の自覚あんの!?かと思った。(中略)みなさん書ききれないくらい癖のある方ばかりで。誰ともお付き合いには発展せず」
                                                                    また、勧誘や途中で連絡が途絶えたり、会ってみるとマナーが最悪だったり、独身のフリをする既婚者もいるという。さらに、婚活サイトのトラブルを多く目にする警察官の妻からはこんな忠告も。
                                                                    「みんな、会うときは気を付けてね。職場名とか実家、出身大学、住所とか兄弟姉妹の仕事とか話しちゃダメだよ。会うときも、普段使わない場所で、昼間、人通りがある場所で現地集合現地解散だよ」
                                                                    つまり、詐欺に気をつけてということだ。消費者庁のサイトには、個人情報を詳細に聞き出してマンション購入をさせる等の詐欺が増えているという警告がある。レスには「身体の関係を持ったとたん音信不通に」という話も目立ったが、相手が身体目当てだけとも限らない。
                                                                    「数こなすにはアプリが手っ取り早かった」何かとリスクが大きいイメージだが、「結婚しました」と書く人も少なくない。「5人ほどお会いしましたが全員の方がいい方々でした」「結婚した相手は一見女性にモテなさそうな理系男子だけど、優しくて家事もできて収入もあって最高だよ」などの幸せコメントも多数挙がっている。
                                                                    「男性の特徴としては 8割変な人 2割良い人」と書く人も。同じようなコメントは他にもあり、確率は低いながらいい人はいるようだ。「結局は運と縁かな」という声にも納得する。
                                                                    また、2つのサイトを使い昨年結婚したという人は、「まあ当然変な人もいるしリスクもあるからそこは大人として自己責任で見極めるしかない」と指摘。「私はパーティとかで高いお金払うのもったいないと感じたし数こなすにはアプリが手っ取り早かった」
                                                                    と書き込んでいる。確かに、長時間労働で出会いも時間もない人が多い昨今、ネット婚活はよくある方法のひとつになっていくのかもしれない。しかし手軽なのは相手も同じことなので、簡単に始まり簡単に切られて傷つくこともあるだろう。中には、「サイトで見つけよう!」っていうよりは「試しに他の婚活と併用してやってみるか~」って感じ」という声もあった。
                                                                    こんな風に過度な期待はせず、利用するときは自衛を忘れないことが大切だ。
                                                                    婚活アプリって実際のところどうなの?
                                                                    婚活アプリって実際のところどうなの?
                                                                    男性がたまらなく結婚したくなる言葉があるのを知っていますか?
                                                                    2021/05/17
                                                                    男性がたまらなく結婚したくなる言葉があるのを知っていますか?
                                                                    そのセリフを女性が言えば、男性は反射的に「この女性なら結婚したい。」と思います。
                                                                    このセリフを言う女性は、とびきりの美人にも、聡明な才女にも輝く笑顔の可愛さにも、母親をしのぐ母性にも勝ります。
                                                                    全ての女性の頂点に立つ、その言葉とは?
                                                                    貧乏しても苦労してもあなたといたい。です。
                                                                    苦労するのは、普通は嫌ですよね。貧乏OKなんて、言いたくないですよね。でも、このセリフ言ったからと言って、「じゃあ、貧乏でいっか!」とは男性は思いません。女性を幸せにするために、手に唾して頑張ろうと思います。逆に張り切るんですね。
                                                                    結婚相手の女性と、お金や地位や外見などではない、中身で繋がれるか?そこに不安を持っています。
                                                                    今のスペックを失ってしまったら、こんまり流に捨てられてしまうのでは?ときめかない自分は、片付けの魔法で消去されてしまうのでは?そんな風に考えているんですね。
                                                                    捨てない。そう言ってくれる女性なら、男性は結婚に躊躇などなくなるんです。結婚の決断には、責任感があればあるほど不安を感じてるんです。女性だけじゃないんですね。
                                                                    ちなみに、うちの女房は言いません。貧乏も苦労も嫌だと言って譲りません。。。
                                                                    これがフツーですね……。
                                                                    男性がたまらなく結婚したくなる言葉があるのを知っていますか?
                                                                    男性がたまらなく結婚したくなる言葉があるのを知っていますか?
                                                                    お見合いの会話で距離を縮める
                                                                    2021/05/10
                                                                    お見合いの会話でどうやって距離を縮めるテクニックってありますか?と聞かれることがよくあります。
                                                                    答えとしては、特に変わったことは必要ないんです。距離が詰まる会話と言うのは、面白い事言う必要もありませんし、気の利いた事言う必要もないんです。聞かれたことに誠実に答える。それだけで、距離は縮まるんですね。
                                                                    例えば、お生まれが九州と書かれていましたけど、東京はお仕事されてからですか?と言う質問にいえ、大学が東京の〇〇大学なので、それからですね。正確に言うと、一浪したので19歳からになります。それからずっと東京ですね。というように詳しく誠実に答えるだけで、距離は縮まっているんです。
                                                                    逆に、お仕事は、どういう関係のお仕事なんですか?という問いに普通の会社員です。という答えだと、距離は縮まるどころか離れてしまいます。
                                                                    お見合いで相手からの質問に丁寧に答える=距離が縮まる、はぐらかす、あやふやに答える=距離が離れるという形になります。
                                                                    相手に質問するって事は、距離を詰めようとしている事です。質問に答えるという事も、距離を詰めようとしている事です。相手との距離が縮まれば、相手の事をより深く知る事が出来ます。そして、深く知って出た答えが、より正確な答えになります。
                                                                    お見合い前は誰でも、「今日会う人はどんな人だろう?」と思ってやってきます。距離が縮まらなければ、どんな人かわかならいままです。交際にもつながりにくくなります。
                                                                    お見合いに限らず、質問や会話に丁寧に誠実に答えるだけで距離は縮まります。それ以外に近道はないんですね。
                                                                    逆の場合、もしも、お見合い相手が上記のような距離を取り続ける会話をするタイプだった場合に頭に入れておいて欲しい事があります。
                                                                    こちらが聞いたことに正確に答えてくれない。そんな場合も、相手は決して悪意がある訳ではないんですね。距離を取り続けた会話をする理由は警戒心なんです。初対面の相手を警戒しているのが原因であって、警戒心が解ければ話してくれます。
                                                                    過去に嫌な思いをしたとか、そういう危険を避けたいとか、そういう気持ちからのものなんです。それを、理解して接してあげれば、相手の警戒心もきっと時間と共に和らいでくるはずです。
                                                                    お見合いの会話で距離を縮める
                                                                    お見合いの会話で距離を縮める
                                                                    婚活とアドラー心理学
                                                                    2021/05/06
                                                                    「結婚生活の不満をこぼす友人に、アラフォー独身として引け目を感じる。」
                                                                    「仕事は順調だけど、結婚して家庭も作れない独身の私は負け組なのか。」
                                                                    男性も女性も「勝ち組/負け組」という言葉にいつの間にか振り回されて、何だか少し疲れていませんか?中高年独身男女は決して負け組なんかではありません。
                                                                    確かに現在の生涯未婚率は男性1/4。女性は1/7いることは事実です。男性でも女性でも、自分はその1/4、1/7に入る負け組なのだと勝手に思い込み、早々と婚活の舞台から退場してしまう方が大勢います。男女いずれも現代の厳しい競争社会の中での「負け組」というキーワードに呪いを掛けられてしまったようです。でもそれは事実ではありません。あなたが絶対に負け組ではない理由…それはある心理学の巨匠の教えの中にありました。
                                                                    人生は他者との競争ではない 劣等感は主観的な思い込み 言い訳としての劣等コンプレックス 非を認めることは「負け」じゃない
                                                                    その心理学者の名前は、アルフレッド・アドラー。ユング、フロイトと並び、心理学の三大巨頭と称される心理学者です。近年日本でも168万部の大ベストセラーとなった「嫌われる勇気」の著者と言えばお分かりになる方も多いでしょう。
                                                                    アドラーはその教えの中で、こんなことを言っています。
                                                                    「人生は他者との競争ではない。」「誰とも競争することなく、ただ前を向いて歩いていけばいいのです。」そもそも、勝ち負けとは自分以外の誰か(他者)と何かを競争した結果として現れるもの。「独身の私は負け組」と感じるのは、「結婚」ということに関して他者と競争しているから感じることなんです。
                                                                    アドラーの「人生は他者との競争ではない」という教えから考えると、「勝ち負け」という概念はなくなってしまいますよね。大切なのは「他者と比較して勝っているか・優れているか」ではなく、「あなたが理想とする姿と比較して今の自分がどうなのか」ということ。このアドラーの教えにそって考えると、アラフォー、40代独身のあなたは絶対に「負け組」ではないのです。
                                                                    しかし、「人生は他者との競争ではない」と言われても、そう考えられるようになるのは簡単ではないですよね。結婚している人に対して独身という立場であることに、劣等感すら感じてしまう…。どうすれば「私は負け組ではない」と考えられるようになるのでしょうか。
                                                                    兄弟姉妹や周りの友人たちが結婚して幸せそうに見えるとき、あなたの中では祝福する気持ちと裏腹に焦りや不安を感じることがあるかもしれません。「独身の私には、あんな幸せを味わうこともできない…」と、まるで自分には価値がないといった感覚−いわゆる「劣等感」です。この劣等感について、アドラーは次のように言っています。
                                                                    「われわれを苦しめる劣等感は「客観的な事実」ではなく、「主観的な解釈」なのだ。」
                                                                    つまり「結婚している他者」と「独身の自分」を比較した結果生まれた「あなたの勝手な思い込み」だと言うのです。もしかしたら「結婚している他者」は「独身のあなた」を見て、「仕事や趣味を満喫していて羨ましい」と感じているかもしれません。しかし、あなたは自分で自分のことを「アラフォー独身の負け組」と見ているのです。
                                                                    アドラーは言っています。「問題はあなたがどのような意味づけをほどこすか、どのような価値を与えるか」ここでもしあなたが自分のことを「独身だからいつでも自由に好きなことができて幸せ」だと思えたなら、劣等感を抱くこともなくなりますよね。「主観」だからこそ、あなた自身の手でどういった意味づけをするのか、選ぶことができるのです。
                                                                    言い訳としての劣等コンプレックス
                                                                    アドラーは劣等感そのものについては、別に悪いものではないと言っています。
                                                                    この場合の劣等感とは、他者と比較した結果生じたものではなく、理想とする自分と今の自分を比較した中で生まれたもののこと。「劣等感も、使い方さえ間違えなければ、努力や成長の促進剤となる」というのが、アドラーの見解です。
                                                                    一方で、こうした劣等感をある種の言い訳に使い始めてしまうことがあります。
                                                                    例えば「私は学歴が低いから社会で成功できない」「私は器量が悪いから結婚できない」
                                                                    といったこと。物事がうまくいかないのは、自分の中の劣等感が原因だと考えている状態です。こうした状態のことをアドラー心理学では「劣等コンプレックス」と呼び、劣等感とは区別しました。
                                                                    劣等コンプレックスでは「Aだから、Bできない」と、あたかも因果関係があるように捉えてしまいます。こうした因果関係について、アドラーは「見かけの因果律」という言葉を使っています。「本来はなんの因果関係もないところに、あたかも重大な因果関係があるかのように自らを説明し、納得させてしまう」と。そして何もしないうちから「どうせ私は」とか「どうせ頑張ったところで」と諦めてしまうのです。しかし実際は、状況は現実的な努力によっていくらでも変えることができます。
                                                                    「あなたがその現実にどう立ち向かうのか、それが問題なのだ。」アドラーはそう言っています。非を認めることは「負け」じゃない。そもそも、「自分の意見や主張の正しさは勝ち負けには関係のないことであり、他の人の意見がどうであれ、そこで完結すべき話」というのがアドラーの主張。「誤りを認める、謝罪の言葉を述べる、権力争いから降りる、これらはいずれも「負け」ではない。」「勝ち負けにこだわっていると、正しい選択ができなくなる。」こうした言葉もアドラーの教えです。たとえ他の人が「独身は負け組」だと主張しても、「独身だけど私は今、十分に幸せだ」と心から思うのなら、それは「負け」ではなく正しい道を進んでいると言えます。
                                                                    同じように「結婚したい」と心から思うのであれば、それに向かって努力し、1日1日を真剣かつ丁寧に生きていきましょう。「歳を考えると結婚はもうできない」そう考えるのは、劣等コンプレックス以外のなにものでもありません。状況は現実的な努力によって、いくらでも変えられます。状況が変えられるかどうかは、あなた自身が勇気を出して努力するかどうか。ただそれだけなのです。
                                                                    婚活とアドラー心理学
                                                                    婚活とアドラー心理学
                                                                    お見合いの会話で距離を縮める
                                                                    2021/05/02
                                                                    お見合いの会話でどうやって距離を縮めるテクニックってありますか?と聞かれることがよくあります。
                                                                    答えとしては、特に変わったことは必要ないんです。距離が詰まる会話と言うのは、面白い事言う必要もありませんし、気の利いた事言う必要もないんです。聞かれたことに誠実に答える。それだけで、距離は縮まるんですね。
                                                                    例えば、お生まれが九州と書かれていましたけど、東京はお仕事されてからですか?と言う質問にいえ、大学が東京の〇〇大学なので、それからですね。正確に言うと、一浪したので19歳からになります。それからずっと東京ですね。というように詳しく誠実に答えるだけで、距離は縮まっているんです。
                                                                    逆に、お仕事は、どういう関係のお仕事なんですか?という問いに普通の会社員です。という答えだと、距離は縮まるどころか離れてしまいます。
                                                                    お見合いで相手からの質問に丁寧に答える=距離が縮まる、はぐらかす、あやふやに答える=距離が離れるという形になります。
                                                                    相手に質問するって事は、距離を詰めようとしている事です。質問に答えるという事も、距離を詰めようとしている事です。相手との距離が縮まれば、相手の事をより深く知る事が出来ます。そして、深く知って出た答えが、より正確な答えになります。
                                                                    お見合い前は誰でも、「今日会う人はどんな人だろう?」と思ってやってきます。距離が縮まらなければ、どんな人かわかならいままです。交際にもつながりにくくなります。
                                                                    お見合いに限らず、質問や会話に丁寧に誠実に答えるだけで距離は縮まります。それ以外に近道はないんですね。
                                                                    逆の場合、もしも、お見合い相手が上記のような距離を取り続ける会話をするタイプだった場合に頭に入れておいて欲しい事があります。
                                                                    こちらが聞いたことに正確に答えてくれない。そんな場合も、相手は決して悪意がある訳ではないんですね。距離を取り続けた会話をする理由は警戒心なんです。初対面の相手を警戒しているのが原因であって、警戒心が解ければ話してくれます。
                                                                    過去に嫌な思いをしたとか、そういう危険を避けたいとか、そういう気持ちからのものなんです。それを、理解して接してあげれば、相手の警戒心もきっと時間と共に和らいでくるはずです。
                                                                    お見合いの会話で距離を縮める
                                                                    お見合いの会話で距離を縮める
                                                                    ハッピーブライダルサークルでは今、結婚を希望している独身の男女の方を御紹介して頂ける代理店(個人)を募集しています。
                                                                    2021/05/01
                                                                    ハッピーブライダルサークルでは今、結婚を希望している独身の男女の方を御紹介して頂ける代理店(個人)を募集しています。勿論自分ご自身を推薦して入会して頂いても結構です。(その場合は入会初期費用は0円になります。)
                                                                    独身の知り合いの方を紹介だけ頂き、当社会員になって頂けた場合、ご紹介者に報奨金として一人入会につき 20,000円、成婚したとき(プロポーズの返事をもらえた時)成婚料の50%(50,000円)をお支払い致します。
                                                                    ご紹介者の情報(お名前、居住市町村名、連絡先電話番号orメールアドレス)さえ頂ければ(本人御了承の上)詳細のご連絡、会員になって頂く入会面談等緒手続きは全て当社で行います。無論ノルマは有りません。
                                                                    ご賛同頂ければ、当社資料を送付致します。これは知り合いが幸せな結婚を掴むためのお手伝いで有り、且つ少子化を止める国への貢献でもある大変価値あるお仕事です。
                                                                    当会は常にコンプライアンスを重視し、成婚のみを目的とした「成功報酬型」のお見合型結婚相談所です。
                                                                    会員は入会金0円、登録料(日本仲人協会への登録料。2年有効)1万円、月額会費1万円(月謝性)、合計入会初期費用2万円という大変リーズナブルな金額で、何回でもお見合可能で有り、お見合料は無料です。
                                                                    当社が所属する日本仲人協会は業界屈指の成婚率を誇り、当協会仲人は優良結婚相談業の証である内閣府認証仲人士という資格を有しています。
                                                                    当協会は全国組織で有り、日本全国ネットワークで繋がっており、当社も全国対応をしております。この業界は特に地元有利は有りません。マッチングは全てウェブ上で完結し、約一万名(男女比半々)の会員の中から、検索機能を使い正確なプロフィール情報に従い、会員本人、仲人推薦によりお見合申し込みを行い、先方から受諾を受ければ、お見合→ 交際→ 成婚という流れで進みます。
                                                                    会員のサポートは、全て内閣府認証仲人士が誠意を持って成婚まで努めます。
                                                                    退会は1ヶ月前に申し出て頂ければいつでも自由であり、以降は如何なる費用も発生しません。
                                                                    勿論秘密厳守ですのでご安心下さい。たくさんの方のご参加ををお待ちしております。
                                                                    ハッピーブライダルサークルでは今、結婚を希望している独身の男女の方を御紹介して頂ける代理店(個人)を募集しています。
                                                                    ハッピーブライダルサークルでは今、結婚を希望している独身の男女の方を御紹介して頂ける代理店(個人)を募集しています。
                                                                    アラフォー女子が婚活を成功させる方法
                                                                    2021/04/30
                                                                    アラフォー女性が結婚できる確率は?2015年の国勢調査では独身女性が5年以内に結婚する確率は、36才以上で5人に1人以下!40才以上だと10人に1人もいない!という驚愕の結果が出ています。昔は20代女性が婚活をするなんて、ほとんどありませんでした。しかし現代の厳しい現実を知っている20代女性の一部は、なんと20代半ばから婚活を始めます。これがいまの婚活事情です。ライバルは20代女子。強敵です。「女性を年齢で判断するなんて間違っている」というような正論が通じないのです。
                                                                    では30、40代の婚活を成功させるためにはどうすれば良いのでしょうか。
                                                                    大切なことはたったひとつ。それは……「結婚に向けて積極的に行動すること」「積極的に行動するかどうか」で結果は全く違うのです。もしあなたが「いつか結婚したい」と思っているなら、少しでも早く動き始めた方が有利です。なぜなら、結婚相手に出会える確率は、年齢が上がるほど低くなるから・・・。結婚に向かって積極的に行動を始めるなら、まずあなたに必要なのは「素敵なお相手との出会い」。その出逢いの数が一番豊富なのが、結婚相談所です。
                                                                    しかし結婚相談所というと入会するだけで大変お金が掛かるというイメージがあります。事実そういう結婚相談所も数多く存在します。ともすればそういう所は高額な初期費用を取ることが狙いで、肝心の成婚に向けてのお世話がお座なりになっている所も多いのです。これでは本末転倒です。
                                                                    その点日本仲人協会加盟の当会では一切入会金は頂いておらず、成婚後に成功報酬として10万円頂くだけという、極めてお財布にも優しい料金体系となっています。会員には身内のような丁寧なサポート行っていますので、必然的に出会いの場は多くなり、成婚率も業界トップに在り続けています。これこそが唯一の政府系結婚相談所である当会の安心と信頼の証なのです。
                                                                    アラフォー女子が婚活を成功させる方法
                                                                    アラフォー女子が婚活を成功させる方法
                                                                    結婚データ
                                                                    2021/04/29
                                                                    以下のグラフは、成婚に結びついたカップルの増加数です。弊社に登録している結婚希望者は約10,000名です。
                                                                    成婚のグラフ
                                                                    業界でよく言われているのは成婚率が70%ということですが、これは会員を分母に会員から会員でなくなった数を分子にしているため、退会した人も含んでいます。 そのため数字が実態と合わないものになっています。大体の成婚率は平均で10%ぐらいです。

                                                                    結構相談無料
                                                                    結婚データ
                                                                    結婚データ
                                                                    身内のような手厚いサポート
                                                                    2021/04/28
                                                                    カウンセリングハッピーブライダルサークルでは、身内のような丁寧で、熱いご対応を心がけています。 成婚までの間、 あらゆる角度からアドバイスをし、不安、心配事などをなくし、強力にサポートします。
                                                                    身内のような手厚いサポート
                                                                    身内のような手厚いサポート
                                                                    コンプライアンスがしっかりしているので安心
                                                                    2021/04/27
                                                                    コンプライアンス私達はコンプライアンスを重視しています。あなたに安心してご利用頂ますように、常に配慮しております。 個人情報は万全なセキュリティによって保護されます。 あなたの一切の情報、登録していることさえ外に漏れることは決してありません。
                                                                    コンプライアンスがしっかりしているので安心
                                                                    コンプライアンスがしっかりしているので安心
                                                                    低料金・定額制で無制限の出会い
                                                                    2021/04/12
                                                                    低料金・定額制で無制限の出会い
                                                                    定額料金精度でお見合いしたい放題
                                                                    パッピーブライダルサークルでは、月額1万円といった小遣い程度の金額で、お見合いしたい放題を実現しました。 もちろん、スタッフによる手厚いサポートも利用し放題なので、他社より確実に成婚を手に入れることができるわけです。
                                                                    低料金・定額制で無制限の出会い
                                                                    低料金・定額制で無制限の出会い
                                                                    全国対応
                                                                    2021/04/03
                                                                    日本全国充実したネット環境の確立で、遠隔地でも近隣エリア同様、低額、定額にて手厚いサポートを受けることが可能です。婚活業界における結婚相談所立地場所には特に地元有利は有りません。また最近は中高年の婚活市場が非常に活性化しています。実際結婚する方の3人に一人は再婚です
                                                                    全国対応
                                                                    全国対応
                                                                    ハッピーブライダルサークルが目指す目標と、強み
                                                                    2021/03/30
                                                                    当会埼玉本部代表 カリスマ仲人士 西本は、かねてより数多くの友人、知人からなる人脈が豊富で、若い頃より事実上約20組の成婚の取り持ち、お手伝いをして参りました。こうしたことから数多くの夫婦の行く末を見る事となり、多くの方から寄せられる結婚についての相談にも親身になって答えてきました。その経験から成婚するための秘訣を数多く学び、「結婚」に対する確固たるポリシーを持つに至りました。

                                                                    当会が目指す目標は、唯一会員の成婚こそが全てです。ですからその為にのみ会員個々に対するサポートに全力を注いでおります。 

                                                                    こうした成婚へ至る豊富なノウハウを有していることが当会の最大の強みで有ると考えます。 当会は成婚に至るまでに生じる様々な問題にあなたと共に正面から向き合い必ず問題をクリアします。 ですから当会は老若男女一切の分け隔てを致しません。何故なら真の仲人士なら誰が相手でもやることは一つだからです。それが信頼の証と考えます。
                                                                    ハッピーブライダルサークルが目指す目標と、強み
                                                                    ハッピーブライダルサークルが目指す目標と、強み
                                                                    カリスマ仲人士
                                                                    2021/03/23
                                                                    ハッピーブライダルサークル埼玉本部代表西本が、カリスマ仲人士(内閣府認証)100人に全国から選出されました。 

                                                                    「仲人士」は、NPO法人全国結婚相談業教育センターが認定する資格で、安心と信頼の証です。 

                                                                    仲人・結婚相談業者への苦情が年々増加する中、個人情報保護法や特定商取引法及び消費者契約法などの法令遵守はもちろんのこと、 NPO法人全国結婚相談業教育センター監修の自主規制ルールも遵守し、結婚希望者に対して親切・丁寧な対応を心掛ける仲人(結婚相談従事者)に対し、 
                                                                    NPO法人全国結婚相談業教育センター(内閣府認証)が「仲人士」として認定し、そのことで結婚希望者が安心して入会し、サービスを受けることができるよう選別し支援するものです。

                                                                    資格の認定
                                                                    NPO法人全国結婚相談業教育センター(内閣府認証)理事長が、認定試験に合格した者に「仲人士」としての資格を認定する。
                                                                    カリスマ仲人士
                                                                    カリスマ仲人士
                                                                    日本仲人協会とは
                                                                    2021/03/22
                                                                    日本仲人協会に加盟している結婚相談所は全国に1,200社 登録している結婚希望者は約10,000名 成婚実績も2013年度657組

                                                                    ~安心の成功報酬制を結婚相談業に導入~  

                                                                    創立以来、3000組(2014年6月時点)の結婚を成立させてきた実績があります。 代表取締役の中西は、内閣府認証 NPO法人 全国結婚相談業教育センター理事長も務め、 結婚相談者が安心して利用できるよう業界全体の信頼性向上に努めています。
                                                                    日本仲人協会とは
                                                                    日本仲人協会とは
                                                                    婚活が上手くいかない男性。 モテたいと思う男性。是非当会の門を叩いて下さい。
                                                                    2021/03/19
                                                                    決断先送りが、現状維持を生み出す。現状維持の考え方が、敗北者を生む。今、燃えない奴は、火葬場で燃える。 墓場にお金は持っては行けません。 30代後半男子の成婚率は3%! 3%に入れなければ、孤独死が確定します。

                                                                    「最低限、何をしたら理想の女性と交際できますか?」

                                                                    最も重要なのは、婚活市場に入る前に、「既にモテている」という意識を持つことなのです。コーチングの基本となる、 「人は、その人の持つ情動によって現実が作られている」ということをしなければならないのです。 従って、婚活においては「既にモテている」という状態を作り出しておかねば、「こんな僕ですが、いかがなものでしょうか?」 というスタンスでは、イケメンですら、結果は出ません。 普段から、「モテるでしょう?」「彼女いるよね」となるのが、先なのです。 そうなれば、恋愛市場において、自信が出てきて、その雰囲気に、女性は引き寄せられていくものなのです。 では、どうしればいいか?そこを徹底的にサポート致します。

                                                                    一例として「異性との雑談が苦手です。どうしたら、上手くなりますか?」という問いかけに対してはこう答えます。

                                                                    初対面の女性との会話は、想定ができます。事前にそれを作っておけばよいわけです。 芝居と同じで、しっかりとネタを作り、台詞までも作っておけば上手く行きます。 芝居同様、婚活も全く同じ考え方が通用します。 気合いだけで解決する問題ではなく、台詞の事前の作り込み作業で結果が既に決まっているわけなのです。現場で、面白い 会話をしようと思っても、普段出来ない人が思いつくはずがないのです。

                                                                    そこをハッピーブライダルサークルでは全力サポート致します。
                                                                    婚活が上手くいかない男性。 モテたいと思う男性。是非当会の門を叩いて下さい。
                                                                    婚活が上手くいかない男性。 モテたいと思う男性。是非当会の門を叩いて下さい。
                                                                    アラフォー女子が婚活を成功させる方法
                                                                    2021/03/15
                                                                    アラフォー女性が結婚できる確率は?2015年の国勢調査では独身女性が5年以内に結婚する確率は、36才以上で5人に1人以下!40才以上だと10人に1人もいない!という驚愕の結果が出ています。昔は20代女性が婚活をするなんて、ほとんどありませんでした。しかし現代の厳しい現実を知っている20代女性の一部は、なんと20代半ばから婚活を始めます。これがいまの婚活事情です。ライバルは20代女子。強敵です。「女性を年齢で判断するなんて間違っている」というような正論が通じないのです。

                                                                    では30、40代の婚活を成功させるためにはどうすれば良いのでしょうか。 大切なことはたったひとつ。それは……「結婚に向けて積極的に行動すること」「積極的に行動するかどうか」で結果は全く違うのです。もしあなたが「いつか結婚したい」と思っているなら、少しでも早く動き始めた方が有利です。なぜなら、結婚相手に出会える確率は、年齢が上がるほど低くなるから・・・。結婚に向かって積極的に行動を始めるなら、まずあなたに必要なのは「素敵なお相手との出会い」。

                                                                    その出逢いの数が一番豊富なのが、結婚相談所です。しかし結婚相談所というと入会するだけで大変お金が掛かるというイメージがあります。事実そういう結婚相談所も数多く存在します。ともすればそういう所は高額な初期費用を取ることが狙いで、肝心の成婚に向けてのお世話がお座なりになっている所も多いのです。これでは本末転倒です。

                                                                    その点日本仲人協会加盟の当会では一切入会金は頂いておらず、成婚後に成功報酬として10万円頂くだけという、極めてお財布にも優しい料金体系となっています。会員には身内のような丁寧なサポート行っていますので、必然的に出会いの場は多くなり、成婚率も業界トップに在り続けています。これこそが唯一の政府系結婚相談所である当会の安心と信頼の証なのです。
                                                                    アラフォー女子が婚活を成功させる方法
                                                                    アラフォー女子が婚活を成功させる方法
                                                                    メンタルケア心理カウンセラーが運営する結婚相談所
                                                                    2021/03/13
                                                                    ご存知でしょうか

                                                                    日本では3組に1組は離婚しているという事実をご存知でしょうか? 

                                                                    一生の伴侶とならず分別れています。 分かれないまでも、お互いこんなではなかったという感じで、すれ違っている夫婦は少なくありません。

                                                                    離婚となると、精神的、金銭的リスクは大きいです。それを考えると 結婚もリスクが高いです。ですから勢いで結婚、盲目な恋からの結婚は必ずしも幸せになるとは限らないわけです。

                                                                    では結婚相談所の役割はなんでしょうか?ただ成婚をお助けするためのものではありません。人生成功する結婚をお手伝いするために存在しています。

                                                                    私たちはマリッジ・アドバイザーとして、独自の分析と、経験により、あなたにふさわしい相手を探し、将来設計まで考えた上での幸せな結婚に導くお手伝いします。 婚活中は心のケアも大切です。メンタルケア心理カウンセラーの西本が婚活中のあらゆる不安や悩みに常に寄り添い、会員のメンタルケアに努めますので安心して婚活に専念して頂けます。
                                                                    メンタルケア心理カウンセラーが運営する結婚相談所
                                                                    メンタルケア心理カウンセラーが運営する結婚相談所
                                                                    中高年にお勧めの結婚相談所
                                                                    2021/03/11
                                                                    中高年にお勧めの結婚相談所

                                                                    ここ何年も続いている婚活ブーム。それは、若い方達だけの話ではありません。中高年だって真剣に婚活したい、潜在的にそう思っている方が非常に多いのです。出会いがないと嘆いているシニア層。結婚に照準を当てた婚活を真剣に考えているならば、結婚相談所がおすすめです。

                                                                    シニア層が結婚相談所に入会するメリットは

                                                                    ①真剣に結婚を考えている中高年同士が出会う事です。当会にはひやかしや軽い気持ちで入会してくる中高年などは一切いません。特にシニアだと残りの人生の長さを考えてしまい、早く素敵な異性と出逢いたい、心からそう思っている方が真剣な思いで入会して来ます。出会いから結婚までの展開が早く、成婚に繋がりやすいというデータがあります。

                                                                    ②条件を絞ってお相手を探せます。中高年にとって条件は特に大切。「子供と住居の近い方が良い」「親の介護をサポートしてくれる方が良い」など、様々な事情を抱えている方も少なくありません。条件をある程度絞ることで出会いに無駄な時間を掛けずに済みますし、効率的にお相手を探すことが可能です。

                                                                    当会仲人士から、出会いの場の提供からお付き合い、最終的には結婚の同意まで親身のサポートが受けられます。中高年特有の悩みなどにもアドバイス致します。
                                                                    中高年にお勧めの結婚相談所
                                                                    中高年にお勧めの結婚相談所
                                                                    ホームページを開設致しました!
                                                                    2021/02/03
                                                                    この度"Happy bridal circle(ハッピーブライダルサークル)"はホームページを開設致しました。
                                                                    会員様には身内のような丁寧で手厚いサポートを行っており、婚活パーティーなどにより素敵なお相手との出会いの場をご提供している結婚相談所です。
                                                                    昨今は若い方達だけではなく、中高年の方も真剣に婚活したいと思っている方が多いです。
                                                                    出会いがないと嘆いているシニア層の方も、本気で結婚したいという強い意思をお持ちの方は、さいたま市桜区の"Happy bridal circle(ハッピーブライダルサークル)"に一度ご相談ください。
                                                                    ホームページを開設致しました!
                                                                    ホームページを開設致しました!